高血圧

  • HOME > 
  • 高血圧

高血圧かも!?こんな症状ございませんか ?

高血圧チェック

  • 頭痛
  • めまい、ふらつき
  • 顔がほてる
  • 身体がむくむ
  • 動悸、息切れ

このような症状がある場合には、当院にご相談ください。また、血縁関係のあるご親族に、高血圧の方、脳卒中を起こした方がいらっしゃる場合も、注意が必要です。

高血圧のガイドライン(基準)

日本高血圧学会が定める「高血圧治療ガイドライン」は以下のようになっています。
医療機関の診察室で血圧測定を行った場合、緊張による多少の上昇が見られますので、ご家庭での血圧と比べて基準が高くなっています。
単位:mmHg

診察室での血圧 ご家庭での血圧
収縮期血圧 (最高血圧) 拡張期血圧 (最低血圧) 収縮期血圧 (最高血圧) 拡張期血圧 (最低血圧)
正常血圧 120 かつ <80 115 かつ <75
正常高値血圧 120~129 かつ/または <80 115~124 かつ/または <75
高値血圧 130~139 かつ/または 8089 125~134 かつ/または 7584
I度高血圧 140~159 かつ/または 9099 135~144 かつ/または 8589
II度高血圧 160~179  かつ/または 100109 145~159 かつ/または 9099
III度高血圧 ≧180  かつ/または ≧110 ≧160 かつ/または ≧100
(孤立性)収縮期高血圧 ≧140 かつ <90 ≧135 かつ <85

・「I度高血圧」「II度高血圧」「III度高血圧」「(孤立性)収縮期高血圧」の4段階が、一般的に言われる“高血圧”に相当します。
・「(孤立性)収縮期高血圧」は、収縮期血圧(最高血圧)だけが顕著に高いものです。動脈硬化の進んだ方、ご高齢の方によく見られます。
・「正常高値血圧」は、高血圧の一歩手前であり、これから注意が必要であることを意味します。

高血圧になりやすいかも!?危険度チェック

  • 炒め物、脂っぽいもの、揚げ物が好き
  • 野菜、果物はあまり食べない
  • 血縁のある親族に高血圧の人が多い
  • 味付けの濃い食べ物が好き
  • 運動習慣がない
  • ストレス解消法がない
  • 暴飲・暴食をしてしまう
  • 喫煙している

高血圧を放置していると…

高血圧を放っておくと、動脈硬化が進みます。血液の流れが悪くなり、重篤な疾患につながることがあります。 脳、心臓などに多大な悪影響を及ぼす高血圧ですが、症状が現れにくいこともあります。
健康診断や人間ドックなどで高血圧を指摘されたら、またはご自身で気になったら、一度当院にご相談ください。

脳卒中のリスク

高血圧の方がもっとも注意すべきなのが脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)です。 収縮期血圧(最高血圧)が10mmHg上昇することで、脳卒中の発症リスクが男性で20%、女性で15%高くなると言われています。 脳卒中は、命にかかわる疾患です。また、救命できたとしても、運動・言語障害が残る可能性が高いため、そうなると長期のリハビリも必要となります。

心疾患のリスク

心筋梗塞、狭心症などの心疾患も、命にかかわる疾患です。 特に男性の場合、高血圧と心疾患の関連性が深いと言われています。収縮期血圧(最高血圧)が10mmHg上昇することで、心疾患のリスクが15%上昇します。

慢性腎疾患のリスク

血圧の上昇は、腎臓に大きな負担をかけます。血中の塩分の排出機能が正常に働かなくなることで、さらに血圧が上昇する悪循環に陥ります。 慢性腎疾患により、脳卒中や心疾患のリスク・死亡率が高くなるとも言われています。

メタボリックシンドロームを併発していることも …

メタボリックシンドロームメタボリックシンドロームは、生活習慣病のうちの一つで、腹部肥満に加えて、高血圧・高血糖・脂質代謝異常が見られる状態です。
メタボリックシンドロームは、このうちの高血圧を特に大きな危険因子としております。高血圧の方、また高血圧の傾向が見られる方は、メタボリックシンドロームを併発する可能性が高いと言えます。 併発すると、それだけ身体への影響も大きくなります。動脈硬化を進め、心筋梗塞や狭心症などの心疾患のリスクを上昇させます。

高血圧の治療

生活習慣指導

塩分控えめのお食事(6グラム/1日)を意識し、野菜もしっかりと採りましょう。患者様の年齢や体重、運動状況に合わせて、運動指導もいたします。
運動はストレス解消にも役立ちます。 また、節酒、禁煙に努めてください。

薬物治療

血圧を下げる「降圧薬」を使用します。
何種類かの降圧薬を、患者様に合わせて組み合わせ使用することもあります。

血圧が下がったからと油断せずに

血圧がさがったからといって油断せず

血圧が下がったからといって、また食習慣が乱れてしまったり、せっかく習慣づけできた運動をやめてしまっては、また元の数値に戻ってしまいます。
もちろん、薬の服用の自己判断での中止はできません。また、飲んだり飲まなかったりというのも危険です。薬は、「飲み続ける」ことを前提として処方されています。
血圧が下がったからといって一度服用を中止し、上がったからといって服用を再開すると、“跳ね返り”によって急激に血圧が上昇することもあります。
服用を早くやめたいというお気持ちは、十分に分かります。しかし高血圧をきちんと治すため、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。
何か不安なこと、分からないことがあれば、いつでもご相談ください。

TOPへ戻る
お電話でのお問い合わせ tel.0742-44-0004 お電話でのお問い合わせ tel.0742-44-0004